フォイリングはマリンスポーツの新しい流れです。

《 Windfoil 》

フォイリング・ジェネレーション!

Windfoil(ウインドフォイル)は、Hydro Foil Windsurfing(水中翼を取り付けたウインドサーフィン)のことです。Windfoil(ウインドフォイル)は、セイルから発生する推進力も、水中翼に働く浮力も揚力(ようりょく)です。揚力という流体力学を身を待って実践しているウインドフォイルって本当におもしろいです!

 

America's Cup

America's Cup

アメリカズカップのヨットは近年目覚ましく進化しました。モノハル(単胴船)からカタマラン(双胴船)に代わり、Hydro Foil(水中翼)を装備して時速90km/hでレースを行うまでになったのです。
Hydro Foil(水中翼)はセーリングが新時代に突入したことを意味し、カイトサーフィンやウインドサーフィンも、いかにHydro Foil(水中翼)を取り入れられるか、ということに違いありません!

 

Windfoil

【Windfoilスクール】

幸いなことに、強風を必要としないWindfoil(ウインドフォイル)にとって、鎌倉の海は練習にとても適しています。砂浜が水中まで続いているのでウイングにキズを付けずに済みます。穏やかな北風の広い海を独り占めして飛ぶWindfoil(ウインドフォイル)を、ぜひお楽しみください。

 

ローカス鎌倉スクール&クラブ

◆スクール料金
(基本料)
フォイル+指導料5,400円
※フォイル以外の道具を持ち込んだときのレッスン利用金です。

《レンタル機材によって料金が変わります》
(A)基本料のみ5,400円

※ディープタトルのボードとリグ一式持込
(B)基本料+ボード7,560円
※リグ一式持込
(C)基本料+用具一式9,720円
※用具フルセットレンタル
(D)フォイルレンタル3,240円
※スクールを終了しレンタル許可を得た人
(E)ウエット、ハーネス一式1,620円

 

◆Windfoil(ウインドフォイル)の練習風景動画
風速5m/s前後、セイル7.0と7.5、フォイルHORUE Vini LW

 

Foil Exercise

Windfoil Exercise

■レッスン参加条件
風速10m/sでプレーニングできるレベル

■時間割(予約制)

①午前 09:00~12:00 3名
②午後 13:00~16:00 3名

■開催日(要確認)
コンディションの良い日

 

Foil Exercise

Windfoil Exercise

《スクール申込み》

Windfoil

Windfoil Exercise

【ウインドフォイル動画】

Nice lightwind cold session for Horue's customers!

Gear : Horue Tiny and Slant - Horue Swart - Horue Vini
Riders : Regis Dupre - Jerome Coquillat - Eric Collard - Philippe Caneri

Windfoil School

Windfoil School  機材